障害基礎年金

支給要件

障害基礎年金は、次の要件を満たした者に支給されます。

(1) 国民年金の被保険者である間に初診日のある病気やケガで障害等級が1級又は2級の障害の程度に該当する障害の状態になったとき
(2) 障害認定日(初診日から1年6月を経過した日又はその前に傷病が治った場合は治った日)に障害等級が1級又は2級の障害の程度に該当する障害の状態にあるとき、又は障害認定日にその状態になかった者が、65歳に達する日の前日までの間に障害等級が1級又は2級の障害の程度に該当する障害の状態になったとき
(3) 初診日前の保険料納付済期間(保険料免除期間を含みます。)が加入期間の2/3以上あるとき(ただし、令和8年4月1日前に初診日があるものについては、初診日の前々月までの1年間に保険料の滞納がないとき)
(注) 20歳前に初診日のある病気やケガで障害等級が1級又は2級の障害の程度に該当する障害の状態になった者についても20歳(障害認定日が20歳に達した日後であるときは、そのとき)から障害基礎年金が支給されます。ただし、本人に一定額を超える所得があるときは、支給が停止されます。

年金額

障害基礎年金の額は、定額で次のとおりです。

障害等級1級の場合 977,125円
障害等級2級の場合 781,700円

《子の加算》

障害基礎年金の受給権者に、18歳の誕生日の属する年度の年度末に達していない未婚の子又は20歳未満で障害等級が1級又は2級の障害の状態にある未婚の子がいるときは、次の額が加算されます。

第1子・第2子 1人につき 224,900円
第3子以上の子 1人につき 75,000円

閉じる

© 全国市町村職員共済組合連合会. All Rights Reserved.